スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋のヘッドホン祭2008

今日は単純な日記ですw まぁ結局のところヘッドフォン関係なことですが・・w
先日日曜日に中野サンプラザで行われたヘッドフォン祭りにちょっと行ってきました。
(写真はありませんw ケータイのバッテリー1だったので・・・)
と言っても当初は別な用事があったのですが思いのほか早くその用事が済んだので顔を出したという次第です。
今回が初めての参加でとてもいい刺激になりました。本当はポータブルヘッドフォンアンプの聞き比べ等をしてみたかったのですが、他の参加者の方々のレベルの高さに圧倒され遠巻きに眺めてるだけでしたw 確かではありませんが須山カスタム持ってる人を見かけた気がします。ほかにもM-AUDIOのブースにサンプルとしてUE11proが展示されてました。生で初めてカスタムを見ましたw
いつかは自分も・・・w


オーテクのブースにCK100があればぜひ試聴したいなと思ってたのですが残念ながらCKM90とCKM70しかイヤホンはありませんでした。いずれもオーテクらしい高音寄りの音。CK9よりCKM90はモニターライクな音と聞いていたのですが自分にはむしろCK9の方がモニターライクでCKM90は味付けされた音のように感じました。高音の伸びがCKM90の方がいいです。

しかし最近のシングルBAはなかなかやってくれますw
特に感動したのはImage X10とX5。 長時間つけても疲れないイヤーチップにあの個体の小ささからは想像出来ない締まりのある低域。 はじめてシングルBA機で「ドンシャリ」だと感じることができましたw 音場も想像以上に広く感動しました。

今まではシングルBA=高音寄り=低音弱い=物足りない。 という構図があったわけですがこの機種は見事にそれを払拭してくれますw ちなみにX5の方が低域が強いとのことでしたが、両機を聞き比べてもはっきりと分かるほどの違いはなく、言われてみたら・・・程度の違いです。
はっきり言ってエージングの有無くらい微妙な感じです。プラシーボの範囲と言ってもいいかと思います。
この値段帯だとシングルBAだとER-4SがありますがER-4Sとは違い片手で手軽につけてもちゃんと耳に吸い付き、かつ長時間つけていても疲れません。ER-4Sの装着感が苦手という方にはお勧めですね。

同じくklipschのCustomシリーズの3機種とも試聴しましたがこちらは微妙・・
悪くはないのですが、耳掛け式なのにもかかわらず布ケーブル仕様なのでかなりタッチノイズが多いのと、何というか音が、定位が不自然。
 UEは頭の外で鳴るような感じに対してShureは頭の中で鳴るような感じですがこのCutomシリーズはその両者を足して2で割ったような音。
非常に新鮮と言えば新鮮ですが好みが分かれそうな音です。

他にもSHE9850を試聴させていただきました。前評判通りシングルBAとは思えないワイドレンジなのと広い音場。この価格帯としては相当頑張ってるなとは思いましたが、全体的にフラット目で上も下もシングルBAにしては出てる方ではありますが、それほど伸びるわけでもなく悪く言えば乾いた音。

面白みに欠ける音と言った感じか。シングルBAにしては低域の量自体は多め。まぁはっきり言って値段なり。アルバナとどっこい。これは好み次第だなと感じさせられました。

他にもSA6やJAYSやIE8等も試聴しましたがどれも微妙・・w SA6に関してはささき氏のブログでも紹介されてた無線バージョン(?)で、自分が試聴した時ちょうどバッテリーが切れてしまったので数分程度しか試聴できませんでした・・・ 

今度機会があればダイナミックオーディオ5555ででもじっくり試聴したいですね。 IE8は極端に言えばCX300の方がいいですw 良くも悪くもダイナミック型と言った感じで、悪くはないのですがそれほど良いわけでもないと・・

装着感は10proよりいいですが別に格段にいいわけでもなく。音場はそれなりに広いです。
まぁ中途半端な印象を自分は受けました。ただエージング次第で化ける可能性はあるかと思います。

そういえば会場で紳士的な外国の方に道を譲っていただいて、軽く「Thankyou」 外人「You're Welcome.」と言った短い会話(?)をしたのですが、自宅に帰ってヘッドフォン祭り関係の記事を見てあの時の外人はゼンハイザーのCEOだったんだと初めて知りましたw  こんな人と会ってたなんて・・w次回行く時はちゃんと下調べしていきますw 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。