スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPUの温度

韓国や北日本では大雪が降るほど寒い季節、大量の熱を発するパソコンにはこの時期が一番うれしい季節(?)ですw 

以前パソコンの動作音が異常にうるさかったため、一度CPUクーラーごと買い替えたことがあるのですが、風量が足りなかったのかネットサーフィンをするだけでCPUが70度を超えてしまうような状況に陥ったことがありました。

結局CPUクーラーとファンを別々にまた買い直すという何とも無駄なことをしてしまったのですがその結果アイドリング時で部屋の温度プラス10度くらいに留まるほど冷えるようになりました(ほんとはいろいろあったんだけどね・・・詳しいことは今後サイトのほうに追加します。)

そこでこの間、1年以上ぶりくらいに秋葉原に行く機会があり、その際に金属の粉を混ぜて熱伝導率を上げたグリス(CPUとCPUクーラーの間に塗る熱を伝えるためのジェルみたいなもの)なるものを買ったのですが、つけてみてもCPUの温度はほとんど変わらず・・・塗り方が悪いのかと3~4回塗りなおしてみましたがダメでした。 金属粉を混ぜたグリスははっきり言って効果なしと思ったほうがいいです。

私は600円くらいの安いやつを見つけて買ったのですが、中には1500円以上するものあるので注意w
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。