スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤホンについて考える。Part3

Part3 困惑編

前回Part3は購入編にするとか言いましたが急きょ変更ですw
というのもですね、安くて着け心地もよく、値段も安い
SENNHEISERのCX300に目をつけて、SHUREのe3cは見送ろうと考え、CX300に関する更なる情報を集めていたところ、気になる情報が。


なんとこの製品、フォスター電機のOEMだったですよ。
品番382326
OEMってなんぞや?という人はここで詳しく説明されているので参考にしてください。
まぁ一言でいうと生産コストを抑えるためにSENNHEISERオリジナルの製品ではなくフォスター電機に製造を委託している。という感じですかね。

それで、ですね。ほかのメーカーで382326番を使っている製品はわかっているだけで2つあり、1つは、
・CreativeのEP-630
もう1つは
・シャープのHP-MD33
です。しかもこの二つ通常価格でEP-630が2980円、HP-MD33も3990円という安さ。
CX300は最安値で3600円程度ですから、EP-630やHP-MD33 は探せばもっと安く手に入るでしょう。
ただこの両者は価格.comに載ってないので最安値の比較が出来ないのが残念。
まぁ家から秋葉原、上野、池袋、有楽町までそれぞれ自転車で30分以内で行けるところに住んでいるのでいざとなれば自分で最安値の店を探すこともできるでしょう。(絶対しないがw)

ただ問題なのはOEMでも同じ音質なのだろうかということです。
実際スペックなどを詳しく見てみると結構数値が違います。

ですが、イヤホンのスペックの表記は結構いい加減で、参考程度にしかならないそうですし、考えてみればSENNHEISERやシャープやCREATIVEがそれぞれ中身を独自のものに変えたりしていたら生産コストが跳ね上がり3000円程度じゃとてもじゃないが提供できないでしょう。もともとOEMは生産コストを抑えるためにしているのにこれでは意味がないですしね。

なのでCX300とEP-630とHP-MD33の3つは音質的に変わりはないと考えて、まず間違いないだろうと。
また、CX300はコードがU字(首の後ろから回すやつ)型らしく(この間試聴しに行ったときはY字型だと思ったんだが、調べてみるとそうじゃないらしい・・・勘違いかな?w)
EP-630はコードがY字型らしい。個人的にはY字型のほうが好きなのでこの二つを比べてみたい。

しかしダイナミックオーディオ5555にはCX300しかおいてない。さぁどうしよう。
そこでまた情報収集に・・ するとビックカメラでもイヤホンを試聴できるらしい。
しかも調べてみるとCX300とEP-630があるではないか!(HP-MD33はなかったが)
そして自分の家からはビックカメラがある池袋と有楽町まで自転車で30分以内!
こうなったら試聴しに行くしかないでしょ?w

というわけでまたまた試聴しに行く計画を立てるのでしたw
また、明日から忙しいので購入編は来年以降になりそうです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。