スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATH-CK9 レビュー

HP-830はどうなったんだよ?って突っ込まれそうでビクビクしてる管理人ですが一か月ほど前にCK9を購入したのでそちらを先に・・w


今回に関しては特にエージングは行っていません。通学時に使用していた程度なので30~40時間鳴らしたどうかといったところです。使用機器はiPod nano第3世代。

とりあえずレビューに関してですが主観が入りまくりなのであくまで参考程度にしてくだされば幸いです。
着け心地と遮音性は耳の上からコードを回してつけるつけ方(以下後ろ掛け)と普通のつけ方(下掛け)で大きく変わってくるので一概には言えないが後ろ掛けで付けた場合、海外製のバランスド アーマチュア(以下BA)機(SHUREとかUltimate Ears(以下UE))に比べてかなり装着感はいいと感じた。

一方普通のつけ方だと妙に出っ張ったようになってしまう。UEのユーザーが推奨しているようにRとLを逆にして普通のつけ方にすると出っ張りはしないが装着するときに耳たぶを片手で引っ張って耳にはめるようにしなければならないので人によっては長時間使用していると痛みを感じるかもしれない。

それに何よりもUEの製品はコードが外せるのでRとLを逆にしてもコードも逆に装着すれば音が逆になることがないがCK9はそうもいかず普段右から聞こえてた音が左から聞えたりするので違和感を覚える。

コードはY型で若干癖になりそうな材質だがアルバナが酷かったのでかなりマシにだと感じた。タッチノイズは掛け方によって異なるがそこまでひどくはない。


また面白いことに前述したようにRとLを逆にして耳の中にはめるようにして装着すると音の広がりを後ろ掛けの時よりかなり感じられるようになった。


肝心の音質だが高音寄りのフラット。低音はERシリーズほどではないが本当に最低限といった感じで量も少なめで厚みが薄く、圧力もあまり感じられない。
この製品を買う前は低音よりのドンシャリのEP-630を使用していたので尚更そう感じるのかもしれない。またEQで低音を無理に出させるようとすると音割れする。RockやR&Bで低音が割れるのは分からなくもないが、そこまで低音を強調していないJazzやLatinですら低音が割れた。
どうもこの機種は低音を強調してはいけないらしいw まぁまだまだ使い始めて間もないので今後のどう化けるかが楽しみである。

中音は可もなく不可もなくといった感じ。ただ2個目のBA機を聞いてみてアルバナよりは出てないなと感じた。そう考えるとアルバナはカマボコだったのかもしれない・・(1年前はまだまだ未熟で全然わからなかった。所詮こんな糞耳だしw)

高音はよく出ている。かなり透き通った音。音がクリアというのはこういうことを言うのかと思った。ただEQなしとありではかなり印象が変わってくる。
Treble Boosterなどにするとキンキンと鳴ってくれるがFlatやEQなしにするとそこまで出ない。 
また低音の時ほどではないが高音域でもまれに音割れした。ただアルバムにも入ってた同じ曲では音割れしなかったのでソースに問題があるのかもしれないので自信を持っては言えない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。