スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記?的なもの。

今日は何か買ったとかじゃなくてTOEIC受けてきた。会場にはかなり早い段階で到着。自分の教室には2番目に入った。
その後続々とほかの受験生が到着するわけだが、みんな社会人ばかりで学生らしき人はほとんどいないw 2~3人大学生らしき人はいるがどうみても高校生は誰もいない。高校生はやっぱりみんな団体受験するのだろうか。
何人かはスーツを着てたりしたし、隣に座ってた人なんかたぶん自分の親より年上w さりげなくTOEICで900点以上を狙う!とか書かれた単語帳か本を開いてたw やべ650点の本開いてる俺ってカッコわりっw 

まぁ試験自体は本屋で買ったTOEIC模試の問題よりは易しいように感じた。前日にそれやって予想スコアの低さに落胆してたので始めてすぐ、若干気が楽になった。ただリスニングはいいとして問題はリーディング。時間配分をちゃんとしたはずなのに最後の方の問題はあんまりできず適当にマークした。

試験が始まる1時間以上前から会場入りしてたので結構冷静に居られた。しかし試験が始まるまでの間ぼーっとしてる人が多いのは驚いた。中にはiPodで音楽聴いてる人も・・ この人たちは直前まで確認の勉強とかしなくても大丈夫なんだろうか?それともあまりに自分が出来ないだけでこの人たちはそんなに自信があるのだろうかと変に勘ぐってしまった。

そんな中になんだか妙なイヤホンつけてる人が(自分の方がさらに奇妙なイヤホンを持ってるわけだがw)いたのでよく見てみるとCLX9かCLX7だった。ほかにも試験が終わった後、駅までの道でBOSEのヘッドフォンやイヤホンをしてる人がいた。ついこないだも有楽町線でULTRASONEのPRO550つけてる人見かけたし意外に高級イヤホン・ヘッドフォンって流行ってるんだなぁ~とTOEIC試験会場で再確認した管理人でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。