スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SE110レビュー

返ってきた10proも落ち着いてきたことだし、そろそろレビューをしたいと思います。




以下、仕様および付属品等

【仕様】
・ ドライバ:バランスド・アーマチュア型×1
・ 感度:113dB SPL/mW(1kHz)
・ 再生周波数帯域:22Hz~17.5kHz
・ 公称インピーダンス:27Ω(1kHz)
・ 入力コネクタ:3.5mmステレオ・ミニプラグ、金メッキ
・ ケーブル長:約45cm
・ 質量:約14g(ケーブル、コネクタ含む)
・ 色:SE110/ホワイト×グレー、SE110-K/ブラック
・ 付属品: ソフト・フォーム・イヤパッド(S, M, L)、ソフト・フレックス・イヤパッド(S, M, L)、クリーニングツール、91cm延長ケーブル、キャリングポーチ



もう、わざわざ書かなくても良い気がしなくもないですが、一応主観入りまくり&プラシーボ効果のオンパレードなのであくまで参考程度に、こういう意見もあるんだなぁ~とでも思ってみてくだされば幸いです。
まずはコードから。 コードは非常にしなやかで癖につきにくい素材でとても扱いやすいが、長さは45センチと非常に短いので胸ポケットにプレーヤーを入れて使うにもギリギリだし、かといって付属品の91センチの延長コードは長すぎだし、その点に関してはかなり不便。別途20センチ程度の延長コードが売られているが、付属品としてぜひそれも同封してもらいたかった。


またコードが二股に分かれるところが人の足のような形をしており、かなりでかい。延長コードと接続させるとさらに大きくなり、ペンダントのようになる。


だがこれの重みのおかげで耳の裏にコードが密着し、タッチノイズは皆無。だが皮脂をコードが吸ってコードが皮膜割れを起こしたりしないかが心配。 こまめにメンテナンスが必要だろう。



遮音性はチップにもよるが非常に高い。特にソフト・フォーム・イヤパッドの遮音性は半端ない。
10proも比較的遮音性の高い部類ではあるがShureの製品の遮音性はER-4Sに匹敵するほどすごい。


今まで使ってきたイヤホンは多かれ少なかれ絶対に車の音が聞こえなかったことはなかったが、これをつけて町を歩いてみると車の音が聞こえなさに非常に驚く。交通ルールを順守していれば問題はないだろうが外出時で使用する際は要注意。


装着感に関しては非常に良いが長時間使用していると耳穴の皮膚がかゆくなる。これは人にもよるかもしれない。



肝心の音質についてだが傾向はカマボコ。曲やジャンルにもよってはフラットにも感じられるが、低音域も高音域もあるところから先がバッサリカットされてるように聞こえる。ただ単純に低音の量だけでみればシングルBAにしては出ている方だが、締まりがなく曇ったような印象。

高音域はそれほど伸びず、結果的に中音域だけが前に出てきている。(ソフト・フォーム・イヤパッドでの感想)その中音域も若干曇ってるように感じる。

シリコンチップで聞くとさらに全体的にぼかしがかかったような音で、正直聞くに堪えない。
ソフト・フォーム・イヤパッドでも、iPod付属のイヤホンの方が低音の締まりや高音の伸びが良いようにさえ感じる。

Eシリーズはまさにモニター音(特にE3cは)といった感じだったがSEシリーズはコンシュマー向けということもあってかかなり味付けされているのか、原音忠実性もそれほどないように感じる。
E3cを始めて聞いた時のような新鮮さを味わえるかと思って期待したがガッカリさせられたというのが本音。

音場感はまぁまぁ。(普段10pro使ってるので正直良いのか悪いのか判断し難いですw 悪くはないと思います)


SE310と比較してみると男性ボーカルものを聞く分に関しては正直それほど価格差ほどの違いはない。女性ボーカルものを聞くとはっきりとSE310の方が上も下も出ていることが分かるが。
男性ボーカルものしか聞かない人がもしこの二機種で迷っているならSE110で十分だと思うが正直価格相応の音質とはいえないので遮音性がよっぽど欲しい場合以外はお勧めしない。


これを買うくらいなのであれば遮音性は落ちるがタッチノイズの少なさでは定評のあるビクターのHP-FX300等の他社製のダイナミック型を買うことを強くお勧めする。値段も安いしwもしくはBA型ならCK9とか。
(※2008.8.17追記) BAで安いのだったらAURVANAなんかも良いかも。すくなくともAURVANAはSE110ほど顕著なカマボコではなくむしろCK9から高音削って低音若干増やしましたみたいな音だった思う(現在は手元にないので・・w) SE110と比べれば全体的にしまってたし、上も下も出てたと思った。(それ故当時はカマボコというよりはむしろ弱ドンシャリに感じた)


だらだらと長くなってしまったのでまとめると、

・遮音性とタッチノイズの無さ以外良いところがない。
・コストパフォーマンス悪すぎ。


といった感じだろうか。

結論 イヤホンとして見るとBOSEのIEに次ぐ駄作と言っても過言ではない。おまけ程度に音の出る耳栓のようなもの。
スポンサーサイト
コメント

耳栓て…うわー酷評w
でも、CK9とかがお勧めに感じるような耳じゃあしょうがないですね。

>オーテク(笑)さん。
貴方様は「これを買うくらいなのであれば」という前置きが見えないのでしょうか? あ、SE110のユーザーさんの方ですか?ご愁傷様です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。